お知らせ内容をここに入力できます。 詳しくはこちら

【悩む子供たち必見!】大人になって必要ないと感じた能力など!

  • URLをコピーしました!
質問太郎
質問太郎

中学生なんだけど、最近悩みがあって

あずきち
あずきち

どんな悩みなんだい?

質問太郎
質問太郎

運動や学校の勉強が苦手で、、、。

どうしたらいいかな?

あずきち
あずきち

じゃあ、大人の立場からアドバイスをさせてもらうね!

この記事はこんな人におススメ!
  • 勉強やスポーツが苦手な子供たち
  • 友達との関係で悩んでいる子供たち
  • 子供をもつ親御さん

この記事を読めば、子供の時にはうらやましく思われる能力も、大人になったら必要じゃないと知ることが出来ます。

今現在、何かが出来なくても、大人になれば何とかなりますので安心して下さいね!

この記事を書いている人、
  • 40歳代の中年男性
  • 中小企業で働く管理職(7年以上)
  • 中学生、高校生の子供を育成中
目次

【悩む子供たち必見!】大人になって必要ないと感じた能力など!

運動神経

質問太郎
質問太郎

いつも体育の授業が憂鬱なんだ。

あずきち
あずきち

大丈夫だよ。

大人になれば、運動神経なんてなくても問題なし!

球技や陸上・水泳など、運動の苦手な人にとっては、体育は本当に地獄の時間ですね。

高校までの過程で、運動神経が良い子のメリットは下記のようなものです。

  • 目立つことができる
  • 運動会や体育祭で活躍できる
  • クラスの人気者になれる
  • 友達ができやすい
  • 女の子にもてる

学校生活で、こういったメリットは憧れますよね。

しかし、大人になればこの状況は一変し、評価される部分が変化します。

評価の基準を下記にまとめてみました。

  • 仕事ができる人が評価される
  • お金を持っている人が注目される
  • 気の利く人が評価される
  • IT関係の知識が豊富な人が重宝される
  • 知識や経験が豊富な人が成果をあげていく!

上記にあげた例に関しては、運動神経はほぼ必要ないでしょう!

社会人になれば学生時代とは違い、評価の基準が大きく変化します。

よって現在、運動が苦手な子供たちも気にすることなく、運動以外で自分が興味のある分野の知識を身につけることに集中していきましょう!

大人になれば、運動神経の有る無しは関係ありません!

過度な友達作り(付き合い)

質問太郎
質問太郎

友達は大切だって思うんだけど、、、。

あずきち
あずきち

友達は大切にするべきだよ!

でも、必要以上に付き合うことはしなくても大丈夫です。

小さなころから、親や教師から「友達と仲良くね」と言われてきました。

そして、友達を作らなければ、何か問題がある子のようにも見られました((+_+))

もしかしたら、そのような理由で苦しんでいる子もいるかもしれません。

しかし大人になれば、様々な事情で人間関係は疎遠になる事があります。

理由としては、下記のようなものがあります。

  • 高校・大学・社会人と、立場により価値観が大きく変化する
  • 自分の学業や仕事が忙しくなり、時間がなくなる
  • 家庭を持つと、生活リズムが一変する
  • 住む地域がバラバラになる

このように、大人になればその時の状況で、人間関係は目まぐるしく変化します。

一生涯の友達が、子供の頃にできるとは限らないのです。

よって、子供の時に友達を必死に作る作業は、無理して行う必要はありません。

それよりも、興味のある事に時間を費やすことを重視するほうが大切です。

現在、友達のことで悩んでいる人は、もっと気軽に考えていきましょう。

子供から大人まで、人間関係は無理しない方が良い!

ケンカの強さ

質問太郎
質問太郎

ケンカも体も強い方が良いじゃん!

あずきち
あずきち

強いにこしたことはないんですが。

大人になれば、そこまで重要ではないです!

この話題は、ジェネレーションギャップがあるかもしれません。

子供の頃は、「ケンカが強い=クラスの中心人物」的な風潮がありました。

でも、大人になると「ケンカが強い」ことが重視されることは、ほぼありません((+_+))

考えてみた理由を下記にまとめてみました。

  • 大人になると、ケンカをしても損をするだけだから
  • 相手を殴ると、警察沙汰になるから
  • 怪我をさせると、訴えられる可能性があるから
  • 訴えられれば、社会的な信用を失うから
  • 怪我をさせると、時間とお金がかかるから

格闘家になるならば、ケンカが強いにこしたことはないと思います。

しかし、ほとんどの人が一般企業などで働くことになるでしょう。

そうなれば、ケンカが強いことは、ほぼ関係が無くなるのです。

ただし、家族や恋人・大切な人を守るためには、必要な力だと思いますよ!

ケンカの強さは、大切な人を守るために使おう!

過去の自慢話

質問太郎
質問太郎

自慢話はしない方がいいの?

あずきち
あずきち

ただ単に自慢話をするのは良くないね。

それが、過去のものになるとちょっとね((+_+))

基本、人の自慢話を聞いていい気分になる人っていませんよね?

話の流れから喋らないといけない場合は除き、過去の自慢話は周囲を微妙な空気にするため、話さない方が良いでしょう。

過去の自慢話は、その場の自分の気持ち的にはかなり高揚しますが、自分の価値を下げてしまう可能性のある行為ですので、注意しましょうね!

過去の自慢話より、「これから何をするか?」の方が重要である!

高くて無用なプライド

質問太郎
質問太郎

プライドって大切じゃないの?

あずきち
あずきち

プライドの種類にも関係するんだ。

特に、高くて無用なプライドは必要ないよ!

子供の時に持っているプライドは、何だか可愛く見える時もあります。

しかし大人になれば、高くて無用なプライドは、絶対に捨てるべきです!

大きな理由としては人生で大きく損をしてしまう可能性があるからです。

プライドが高い人の特徴をまとめてみました。

  • 自分の意見はいつも正しいと思っている
  • 人の意見を聞こうとしない
  • 自分が間違っていても認めない

人はこうなると、周囲からだんだんと相手にされなくなります。

こうなると、自分にとって価値のある情報やチャンスが回ってこなくなるのです。

例え地位や名誉・自分に自信があっても、「謙虚な姿勢」は持つようにしておきましょう。

大人になれば、高くて無用なプライドは必要なし!

私の体験談

私も40歳代の半ばとなり、かなり自分にとって何が必要かがわかってきました。

このことが、遅いのか早いのかはわかりませんが、かなり個人差が出てくる部分だと思います。

しかし、確実に言えることは、「何かが出来なくても落ち込む必要はない」ということ!

自分の得意だった分野でも、社会に出れば上には上がいるものです。

そんな時は、得意な人にそのことを任せて、自分はサポートに回るか別の道を探して、どんどん前に進んでいくことをおススメします!

子育てをする親御さんたちも、子供に何かを強制するのは止めておきましょうね!

大人になれば、特別な能力が無くても、何とかなるもんだ!

 



まとめ

質問太郎
質問太郎

大人になれば、今必要だと思っていることも、要らなくなるんだね!

あずきち
あずきち

そうですね。

だから、今出来ないことも、そんなに悩む必要はないですよ!

それでは今回のポイントをまとめておきますね。

今回のポイント
  • 大人になれば、運動神経の有る無しは関係ありません
  • 子供から大人まで、人間関係は無理しない方が良い
  • ケンカの強さは、大切な人を守るために使おう
  • 過去の自慢話より、「これから何をするか?」の方が重要である
  • 大人になれば、高くて無用なプライドは必要なし
  • 大人になれば、特別な能力が無くても、何とかなるもんだ!

子供の時に何か出来なくても、それで人生が決まるわけではありません。

大人になれば、必要でないものは山ほどあるのです。

よって、自分の苦手なことはそこそこで、自分の好きなことに時間を使いましょう!

そうすることで、あなたの人生はかなり豊かになっていきますよ!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次