お知らせ内容をここに入力できます。 詳しくはこちら

釣りに便利な【キャリー付きクーラーボックス】を紹介!選び方も詳しく解説!

  • URLをコピーしました!
ケンさん

釣りに持っていくクーラーボックス。買うとしたら何を重視すればいいの?

この記事はこんな人におススメ!
  • 釣りに持っていくクーラーボックスの選び方がわからない
  • 釣り初心者

釣れた魚を保存しておくクーラーボックス。

「そんなの保冷力があれば大丈夫だろ」なんて思っていませんか?

実はその考え、大間違いです。

結論から言うと、釣りに持っていくクーラーボックスで最も重視する点は「運びやすさ」

なぜなら、釣りには他にも持っていく物が多いから!

そんな中、重たいクーラーボックスを手で持ち運ぶなんて、釣りをする前に疲れてしまいます。

「でも保冷力がないと、魚が新鮮に持ち帰れないじゃないか!」という声もあるとは思いますが、大丈夫です。

最近の商品は、値段が安くてもそこそこ保冷力が高い商品が揃っています。

そのような理由から、私がおススメするのは持ち運びがとても楽な、

「キャリー付きのクーラーボックス」

今回はこのあたりを詳しく解説していきたいと思います。

この記事でわかること
  • クーラーボックスの選び方
  • おススメのクーラーボックス
  • キャリー付きクーラーボックスのメリット・デメリット

この記事を読めば、釣り用のクーラーボックスに悩むことはなくなります。

また、お気に入りの物をを買えば、快適に釣りを楽しむことができるでしょう。

ぜひ最後まで見ていただき、参考にして下さいね。

この記事を書いている人
  • 釣り歴2年以上(主に海釣り)
  • キャンプ歴10年以上
目次

釣りに便利な【キャリー付きクーラーボックス】を紹介!選び方も詳しく解説!

クーラーボックスの選び方

選び方のポイントは下記のとおり。

ポイント
  1. キャリー付きを選ぶ
  2. 保冷力は程々で大丈夫
  3. 耐荷重はある程度必要
  4. 大きさは用途に合わせて
  5. 値段は高くなくても大丈夫
あずきち

このポイントを意識して選んでもらえば、良い商品を購入出来るよ!

キャリー付きを選ぶ

キャリー付きのメリットは下記のとおり。

  • 運びやすさ
  • 他の荷物を中や上に積み込むことが可能

釣りを始める前に、いらないストレスを溜めても仕方ありません。

できる限り、釣りポイントまではストレスなく移動できるようにしましょうね。

保冷力は程々で大丈夫

あずきち

「保冷力が高い=良い商品」とは限りません!
特に日帰りの釣りの場合は「普通の保冷力」で十分です。

釣った魚を持ち帰る場合「保冷力」は必要です。

しかしほとんどの釣りは、日帰りが多いのではないでしょうか?

それを考えると、極端に保冷力が高い商品は必要ありません。

保冷力の高い商品は、値段も半端ないですからね💦

よって、1日程度持つぐらいの保冷力があれば、通常の釣りには十分ですよ。

耐荷重はある程度必要

耐荷重が高ければ、釣りをしながら座ることが可能です。

椅子を余分に持っていく必要もないですし、かなり実用的。

よって、購入する時は特に「耐荷重」を確認することをおススメします!

大きさは用途に合わせて

大きさについては「釣る魚の種類」によって変わってきます。

しかし、釣りは経験を積むほど「大きな魚が釣りたい!」という欲求が生れてきます・

よって、サイズ的には「50~60㎝の魚」が2~3匹ぐらい入る容量がベスト!

容量は余裕を持つようにしましょうね。

値段は高くなくても大丈夫

あずきち

最近の商品はコスパの良いものが増えています。
いきなり高額な商品は必要ありません。

初めて購入するのであれば、高額な商品を買う必要はありません!

しかし、極端に低額な商品も使えない場合が多いのでおススメはしません。

5千円~1万円程度のレビューが良い商品を選ぶようにしましょうね。

おススメのクーラーボックス

あずきち

紹介する商品が多くても迷ってしまいますよね💦
よって、サイズの違う3つの商品を紹介します。

容量が57㍑と大きく、取っ手や車輪もしっかりとしているので、移動性も抜群!

ただ、重量が6㎏とやや重いのが難点。

荷物を入れた状態だと、女性にはかなり重く感じるでしょう。

しかし、1万円以下で購入できる商品としては、とてもコスパは高いですよ!

そこまで大きさを求めない人はこちらがおススメ。

容量は38㍑で見た目もオシャレ。

ちょっとしたアウトドアにもピッタリ。

持ち手と車輪が大きいので、小回りも効き、移動もしやすいですよ!

「値段が高くても、やっぱり釣り専用の商品が欲しい」という人にはこれ!

釣り具で有名なシマノ(SHIMANO)製のクーラーボックス。

大きな特徴は、内寸が70㎝なので大型の魚でも入る仕様となっています。

正直なところ、値段はかなり高価。

しかし、最初から青物(ハマチなど)を狙う釣りなら検討してもいいでしょう。

番外商品

あずきち

すでにクーラーボックスを持っている人は、【キャリーカート】がとても便利!

「すでに持っているクーラーボックスを利用したい」という人には、

【キャリーカート】がとても便利です!

  • 楽に荷物が運べる
  • 収納時もコンパクトになる
  • 軽量

とメリットも多い。

また、釣り以外の用途(ごみ捨てや買い物など)にも使用可能なので、1台あれば重宝しますよ!

上記の商品は本体重量も約2㎏と軽いのに、耐荷重は50㎏!

ゴムロープ(フック付き)も2本ついているので、固定もしっかりと行えます。

車輪も大きく、砂利道や少々の悪路も安心して使用できるのがいいですね。

  • 収納時サイズ:25*48*10cm
  • 使用時サイズ:33.5*25*96cm
  • 荷台サイズ :25*23.5cm

収納時もコンパクトなので、ちょっとしたお出かけにも持っていきやすいですよ!

キャリー付きクーラーボックスのメリット・デメリット

あずきち

便利そうに思えるキャリー付き商品。
しかし、当然のようにデメリットも存在します。

メリット

  • 移動性に優れている
  • 女性でも楽に運べる
  • 他の荷物も上に乗せて運ぶことができる
  • 椅子代わりになる

デメリット

  • サーフ(砂浜)では使いにくい
  • 道がかなり悪ければ使いにくい
  • 幅が狭い部分は通り抜けれない(道のポールなど)

案外、デメリットも多いように感じるかもしれません。

しかし釣りをする上で「楽に荷物を運べる」「移動性に優れている」ことは、大きすぎるメリットです。

「手に持って運び続ける労力」と「楽に移動できる手段」、あなたはどちらを選びますか?

 



まとめ

ケンさん

他の道具を運ぶことも考えると、キャリー付きは便利だね!
さっそく検討してみるよ。

釣りをするのに大切なのは「楽しく魚を釣ること」です。

その前の移動から体力を消耗すれば、釣りに集中することはできません。

キャリー付きクーラーボックスなら、重い中身も楽に運べることが可能です。

持っていない人は、本記事を参考にして検討して下さいね。

今回のポイント!
  • キャリー付きクーラーボックスは移動がとにかく楽にできる
  • 保冷力は、ほどほどの商品でも大丈夫
  • 耐荷重が高ければ、椅子として使用可能
  • 自分の用途(釣る魚の大きさ)によって、容量をきめよう
  • 最初から高価な商品は必要なし

それでは素敵な釣りLIFEを!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次