お知らせ内容をここに入力できます。 詳しくはこちら

自重トレーニングとウエイトトレーニングのメリット・デメリットを詳しく紹介!

  • URLをコピーしました!
健康志向女子

自重トレーニングとウエイトトレーニングってどっちがいいのかな?

今回は「器具を使用するトレーニング=ウエイトトレーニング」と定義して説明します。

この記事はこんな人におススメ
  • 自重・ウエイトトレーニング、どちらをやるか悩んでいる
  • 筋トレを始めたい
  • 筋トレ初心者

筋トレを始める時、自重又はウエイトトレーニングのどちらをやればいいか、悩みますよね?

結論としては、どちらでも筋肉はつきます。

あとは自分がどちらのトレーニングに向いているかだけの話です。

今回は「自重トレーニングとウエイトトレーニング」のメリット・デメリットを詳しく解説します。

最後まで読むと、自分がどちらの筋トレをやるべきかがわかるので、ぜひ参考にして下さいね!

この記事を書いている人
  • 自重トレーニングを2年以上継続中
  • HIIT(タバタ式)を2年以上継続中
  • ベンチプレスのMAXは130㎏
目次

自重トレーニングとウエイトトレーニングのメリット・デメリットを詳しく紹介!

自重トレーニングとは

【自分の体重を利用して行う筋力トレーニング】。自分の体一つあれば、どこでもトレーニング可能。自宅でも取り組み易く、初心者にも人気のトレーニング方法です。

メリット

あずきち

自重トレーニングは「誰でも・簡単に」始めれるのが魅力だよ!

お金がかからない

自重トレーニングは「自分の体重」を負荷として行うトレーニングです。

よって基本、お金はかかりません!

筋トレを継続出来なかった場合でも、お金はかかっていないので、辞めるにしても後悔することはないでしょう。

場所を選ばない

自重トレーニングは特に場所を選びません。

基本的には、自宅やジムで行うこととなります。

鍛える部位によっては「会社の休み時間や移動時間でもトレーニング可能」ですよ。

健康志向女子

お金や場所に気を使わなくていいのは、初心者でも始めやすいわね。

手軽にできる

バーベルや専用器具を使用しないので、手軽に始めることが可能です。

今ではYouTube等で色んな筋トレの動画も出ていますので、情報も手軽にゲットできますよ。

ケガが少ない

専用器具を使用しない分、ウエイトトレーニングに比べて「怪我をするリスク」は低くなります

しかし、全くケガをしないという意味ではありませんので、注意は必要です。

自重トレーニングを行うにしても、事前・事後のストレッチはしっかりと行いましょう。

自重トレーニングのメリットまとめ

  • お金がかからない
  • 場所を選ばない
  • 手軽に出来る
  • 怪我が少ない

デメリット

高強度で実施できない

自分の体重が負荷となる分、バーベルを使用する場合と比べるとどうしても強度になります。

ある程度は、回数やセット数をこなすことでカバーできる部分はあります。

しかし、【強度】という部分に関しては、ウエイトトレーニングに軍配があがってしまいますね。

メニューが組みづらい

自重トレーニングは低強度になる分、やり方や回数を工夫する必要があります。

指導者がいなかったり、慣れていなければ初心者は戸惑う事ばかりでしょうね。

あずきち

ここで一つアドバイス!
回数やセット数をどのくらいやればいいのかわからなければ、とりあえず、「限界」まで行ってください!これが1番手っ取り早い方法です。

成果が出るのが遅い

これは私の経験上の話となります。

成果の出るスピードに関しては、高強度で実施できるウエイトトレーニングに軍配が上がります。

余程やり方を工夫して、トレーニングの質を上げなければ、勝つことは難しいでしょう。

よって自重トレーニングをする場合は、少し根気が必要ですよ。

自重トレーニングデメリットまとめ

  • 高強度で実施できない
  • メニューが組みづらい
  • 成果が出るのが遅い

自重トレーニングはこんな人におススメ!

あずきち

自重トレーニングに向いている人の特徴をまとめました。

  • お金をかけたくない
  • 継続できるかわからない
  • 家が好き
  • 人づきあいが苦手
  • 誰かに知られたくない
  • 1人で頑張るのが好き
  • ジムに行くのが面倒くさい

特に【お金をかけたくない】【継続できるかわからい】人は、自重トレーニングから始めた方がいいでしょう。

継続できるかわからないのに、月額数千円をジムに払うのは馬鹿らしいですもんね。

もし継続ができるようなら、ぜひウエイトトレーニングに挑戦してみましょう!

 

ウエイトトレーニングとは

ダンベルや専用器具を使用するトレーニング。専用の器具を使用するため、鍛えたい部位をより筋肥大させることが可能です。

メリット

成果が出るのが早い

私の経験上、自重トレーニングよりも成果が出るのは早いです。

その理由は、【高強度なトレーニング】を実施できるから!

やはりダンベルや専用器具の効果は絶大です。

早く成果が出したい人は、迷わずウエイトトレーニングを選びましょう。

高強度で実施できる
あずきち

高強度で行うことで、筋肉を確実に追い込むことが可能。トレーニングの質に関しても、必然的に高くなるという訳です。

自重とウエイトで1番の違いは、「筋肉にかけることができる強度」となります。

体重をすぐに増やすことはできませんが、バーベルは枚数を増やすだけで重量を上乗せできます。

よって、高強度を求めるのであれば、ウエイトトレーニングをおススメします。

自分の体重以上のダンベルやバーベルを挙げれた時の「満足感」は半端ないですよ!

鍛えたい部位を集中的に追い込むことができる

専用器具を使用することで「鍛えたい筋肉の部位を集中的に追い込む」ことができます。

自重トレーニングでは、この部分はかなり厳しいところです。

筋肉の細部まで鍛えたい人は、迷わずウエイトトレーニングに挑戦しましょう。

周囲から刺激をもらえる

ウエイトトレーニングを本格的に行うには、ジムへ入会するのがコスパ的にもいいでしょう。

ジムには「同じ目標」をもった人達が集まるため、本気で鍛えたい人や気持ちが折れそうになった時などに、周囲から良い刺激をもらうことができます。

どんな事をやるにしても、「同じ目標を持った仲間」というのは、心強いものです。

ウエイトトレーニングのメリットまとめ

  • 成果が出るのが早い
  • 高負荷で実施できる
  • 鍛えたい部位を集中的に追い込むことができる
  • 周囲から刺激をもらえる

デメリット

あずきち

メリットばかりが目立つウエイトトレーニングですが、もちろんデメリットも存在します。

お金がかかる

ウエイトトレーニングを実施するパターンとしては基本2種類!

  1. 専用器具を購入➡自宅で実施
  2. ジムへ入会して実施

どちらにせよ、初期投資や月額がかかってきます。

ジムへの月額は【月数千円~】。

器具を揃えるとなると、かなりの金額となるでしょう。

専用の器具が必要

ウエイトトレーニングを行うには、ダンベルやバーベルなどの専用器具が必要となります。

高い効果が得られる分、金銭面や設置場所など、かなり制約される部分もありますね。

場所が限られる

ウエイトトレーニングを効率的に行うには、ジムへ入会することが1番手っ取り早い方法です。

しかし、いざ決意してもジムの場所が遠いとなれば、強い意志がないと継続は不可能。

場所が限定されるというのは、初心者にとって結構ハードルが高いですね。

周りの目が気になる
あずきち

ジムには色んな人が出入りしています。人込みや周囲の目が気になる人は辛いこともあるかもしれません。

これはジムに入会した場合のデメリットとなります。

特に初心者の頃は、周囲の人達の熱気ややる気に圧倒される人もいるでしょう

もし、そういった「周囲の目」が気になるのであれば、継続は難しいかもしれません。

怪我をしやすい

専用の器具も、使用方法を守れば滅多に怪我をすることはありません。

しかし、不意に腰や足を痛めてしまうケースは、自重トレーニングよりは高くなってしまいます。

器具の取り扱いには十分注意しましょう。

ウエイトトレーニングのデメリットまとめ

  • お金がかかる
  • 専用の器具が必要
  • 場所が限られる
  • 周りの目が気になる
  • 怪我をしやすい

こんな人におススメ!

あずきち

ウエイトトレーニングに向いている人の特徴をまとめました。

  • 時間とお金に余裕がある
  • 早くムキムキになりたい
  • 体全体を鍛えたい
  • 同じ目標の仲間が欲しい
  • 目立ちたい

とにかく早く成果を出したいのであれば、ウエイトトレーニングをおススメします。

お金はかかりますが、同じ時間筋トレをするなら、早く結果が出る方がいいですもんね。

ムキムキになって、みんなの視線を釘付けにしましょう!

まとめ

あずきち

今回の結論としては、「自分にあった筋トレ方法を選択する方が良い」という事です!自重か?ウエイトか?と悩んでいる人は、メリット・デメリットをしっかりと理解し、自分の生活や性格、環境などを考慮したうえで選択してくださいね。

今回のポイントをまとめておきます。

自重トレーニングはこんな人におススメ!

  • お金をかけたくない
  • 継続できるかわからない
  • 家が好き
  • 人づきあいが苦手
  • 誰かに知られたくない
  • 1人で頑張るのが好き
  • ジムに行くのが面倒くさい

ウエイトトレーニングはこんな人におススメ!

  • 時間とお金に余裕がある
  • 早くムキムキになりたい
  • 体全体を鍛えたい
  • 同じ目標の仲間が欲しい
  • 目立ちたい

一人でも多くの方が筋トレを始めてもらえると嬉しいです。

それでは、良き筋トレLIFEを~!(^^)!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次